コーチングって何?

コーチングの定義

色んな団体が様々な表現方法でコーチングを定義づけています。
コーチングというのは点ではなく線、もしかすると面や立体としてクライアントを扱うがゆえに、どこに着眼点を持ってくるかで定義が変わってきます。

もちろんコーチによっても一人一人定義は様々です。
例えば3つの団体の定義を見てみてみましょう。

◇国際コーチング連盟
思考を刺激し続ける創造的なプロセスを通して、クライアントが自身の可能性を公私において最大化させるように、コーチとクライアントのパートナー関係を築くことです。

◇コーチ・エィさん
目標達成に必要な知識、スキル、ツールが何であるかを棚卸しし、それをテーラーメイド(個別対応)で備えさせるプロセスである。

◇銀座コーチングスクール
パフォーマンス向上のために、対話によって対象者を勇気づけ、"気づき"を引き出し、"自発的行動"を促すコミュニケーション・スキル。

私が思うコーチング

コーチングは応援・成長し続けるコミュニケーションだと言っています。

クライアントとコーチがすることって順番はケースバイケースですが、

・関係性を作ること
・様々な視点・捉え方の提供
・クライアントのリソースを発掘
・気づきの創造
・行動の促進
・成長と学びの定着

大雑把にはこのようなことが挙げられると思うのです。

そうするとコーチングの定義もどのタイミングを切り取るかで異なってきます。

そこで各局面でのコーチングを定義してみると

①セッション1回ずつでみる「点」の視点。
クライアントの自己理解を深め、モチベーションと行動を起こす能動的な思考の場。

②継続セッションとしての「線」の視点。
クライアントの変化・成長をさらに発展させ、より高い理想の未来にいち早く到達するためのジャンプ台。

③クライアント自身とコーチの関係性でみた「面」の視点。
クライアントとコーチはお互いを認め、信頼し合いながらも共に刺激を与え続ける安心安全かつクリエイティブな関係を生み出すこと。

具体的にはどんなことをするの?

会話をします。

といっても、ただのおしゃべりではなく、
「何のために」「何について」話していくかをクライアントから提示してもらい、クライアント自身が「得たいもの」についての対話です。

話しているうちに自己完結しちゃった☆
なんてことはありませんか?

人に伝えようとすることで頭の中が整理されていき、様々な気づきや新たな考えが生み出される、この状況をコーチングセッションという対話で生み出していきます。

目標達成ってどうやってさせるの?

会話の中での気づきや考えたことをそのままにしていては何も変わりません。
資格取得するために毎日テキストを読もう!なんて思っても3日坊主で終わるのがオチです。
なんなら、私は帰りの電車の中で忘れてしまいそうです(汗)

でもコーチはそうはさせません。
コーチの前での宣言は「指切りげんまん」みたいなものです。
必ず、やってみてどうだったかを次のセッションで尋ねられるのです。

やらなかったからといって、針千本を飲ますなんてことはしませんし、攻めもしませんが、
できてもできなくても、その行動から次の行動のための「学び」を引き出します。

目標がないならコーチングは不要?

目標がなくたってコーチングはとっても有益なんです。
テーマであつかうものって大きく分けると3種類あるんですね。

・目標達成(目標がどうしたら達成できるのか)
・問題解決(今抱えている問題だと思っていること)
・自己理解(やりたいこと・望んでいること・価値観・やる気スイッチ)

このうちの自己理解って一番重要なテーマなんです。

実は私、こういう人苦手!というパターンがあるんです。
ただ苦手だというだけで放置していたんですよね。
ところが、セッションで取り扱うことで

何が苦手なのか
自分のどんな価値と合わないのか
苦手な人に対する自分の対応パターン

こういったものが見える化されてきて、
今まではズドーーーーーンと沈んでいたのですが、
パターンから抜け出して、
沈み方も傷も浅く済むようになりました。

コーチングって誰にでも有効?

誰にでも有効だよと言えるとよいのですが、
残念ながら実はそうではありません。

・手っ取り早くやり方を教えてほしい人
・心の悩みや葛藤、不安などに対して援助や治療してほしい

こんな方はコーチング向きではありません。

やり方を教えてほしい方はコンサルティングを
心の援助や治療をしてほしい方はカウンセリングを
必要としている方々になります。

一方コーチングがとても機能する人の特徴として

・自分が変わろうという気持ちを持っている
・常に学ぼう、成長しようという意欲がある
・転んでも立ち上がろうという前向きさ

が挙げられます。

コーチングを学ぶメリット

コーチングは冒頭でもお伝えした通り、
コミュニケーションであり、関係性の作り方です。

コーチングを学ぶ方が口をそろえておっしゃるのが
自分のコミュニケーションが変わったということです。

認め方・聴き方・伝え方・質問の仕方それぞれに
何のために・何をどのような方法で
が理解できるようになります。

そうすると人間関係の問題の根源である
コミュニケーションミスが格段に減り、
ストレスが軽くなります。

私も夫にあるとき
「上手に話聴くようになったな」(なぜか上から目線。。。)
と満足そうに言われるようになりました。

そして子どもに対しても
ガミガミと怒ることがなくなりました。
怒鳴らない・同じ事をしつこく言わない
これだけで子どもとのかかわりがお互いに楽になります。

職場やPTAの会合などでも同じように
何が論点なのか、相手が伝えたいことは何か
それに対してどういうかかわりを求めているのか
そういったものが言葉や仕草などから
聴こえてくるようになります。

是非コーチングを身近なものとして体験したり使ってくださいね!