目標達成できる人とできない人のたった3つの違い

目標達成できる人が持っている3つの信念

目標達成のサポートをしてきて目標達成する人と挫折する人には大きな3つの信念の差があることに気付きました。
3つの信念を持っている人は必ず目標達成します。
最初のうちは半信半疑だったという人も、この信念を持った途端に目標達成に向けてのスピードがぐんと伸びていきます。
私自身も、挫折してしまった経験を思い出すと、これらの信念を持てなかったために挫折してしまったのだということがよくわかります。
今日はそんな目標達成に欠かせない3つの信念についてお伝えします。

その目標は達成可能だ

まずひとつ目は「目標」そのものについてです。
自分が掲げた目標が達成可能だと信じられるかどうかが重要です。
例えば、ライト兄弟が空を飛びたいと思って飛行機を作りました。
でも当時の人は人が空を飛ぶなんて達成不可能な目標だと思っていたに違いありません。
それでも、達成可能だと信じたライト兄弟は飛行機というものを作り、人が空を飛ぶことを可能にしました。
そもそも目標達成できるものであると信じることができなければ、挑戦するというラインにも立てません。

目標達成したいと言いながらこの目標は達成不可能だと思っているのであれば、
チャレンジするだけ時間の無駄ですから、目標を変えるか
もしくは達成可能だと改めて信じ直すかの二択なのです。

私は達成する能力を持っている

ふたつ目は自分自身の能力に関する信念です。
元々能力を持っている人というのはまれにいらっしゃいます。
でも多くの人はもとから能力を持っているわけではなく、努力によって能力を獲得していきます。
例えば最初からお箸が上手に扱えたわけではなく、練習をしてお箸を使って食事ができるようになりました。
もとからパワーポイントで見やすい資料を作れたわけではなく、パワーポイントの扱い方から学んで、見やすい資料がどのようなものを試行錯誤して、その能力を身に着けました。

私たちは自分より前に進んでいる人の能力をみて、自分と比較しがちです。
そして自分には能力がないと言って、わざわざモチベーションを下げていっているのです。
まずは、目標達成に必要な能力を自分は身に着けることができることを信じることで、少しずつチャレンジし、前に進んでいくのです。

自分には目標を手に入れる価値がある

最後は自分自身の価値に関する信念です。
自分にはその目標や成功を手に入れるに値する価値をもっていると思えるかどうかです。あの人にはふさわしいけれど、私にはふさわしくないかもしれない。こういった思いが本当に自分自身に呪いをかけてしまうパターンをたくさん見てきました。
根拠のない自信という言葉をよく耳にしますが、私にはふさわしくないということだって、根拠のない自信なのです。
そして恐ろしいことに、人は確証バイアスという偏りを持っているために、自分が持っている信念にあった事実をたくさん見つけ出すような脳の作りになっているのです。
だからこそ、ふさわしくないと思っている人は自分には目標を手に入れる価値がないことを証明するような出来事ばかり目に入りますし、価値があると思っている人はそれを証明するような出来事がたくさん見えてくるのです。そして自分の信念にあった未来を自ら作り出していくのです。
※確証バイアス:自分がすでに持っている先入観や仮説を肯定するため、自分にとって都合のよい情報ばかりを集める傾向性のこと

まとめ

目標達成できるかどうかは自分自身が物事をどう捉えているか、自分自身についてどのような見方をしているかが強く作用します。
ぜひ自分には目標達成することができるし、達成する価値があるんだと信じて進んでいきましょう。

個人セッション申込はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。