人前で緊張する人としない人の3つの違い

人前で緊張しますか?

よく人前にでて話すのはとても緊張してしまう。苦手だとおっしゃる方がいらっしゃいます。そんな方にグループで話すのはどうですか?というと大抵、みんなで話すのは平気だとおっしゃるのです。
その違いは一体何でしょう?

人前で話すと緊張して上手くしゃべれない

会議やプレゼン、もしくは何かの司会として人前で話す機会が多いけれど、緊張してしまうという人は多いのではないでしょうか。その時にどんなことを考えていますか。
私も以前はとても緊張して、手が冷たくなったり足が震えたりしていたものです。
そんな私が今ではセミナーなど、人前でお話できるようになったその秘訣を今日はお伝えします。

うまくやろうとしている

「苦手だな」と思う意識の根底に人目を気にして「失敗しないように」とか「うまくやらなきゃ」という考え方はありませんか。
じつはこの「失敗しないように・うまくやらなきゃ」という考え方こそが、一番の緊張の原因になっています。失敗してはいけないと思えば思うほど、失敗するイメージばかりが浮かんできてしまうのです。

自分が伝えることに必死になっている

伝えることにばかり意識がいってしまい、参加者不在になってしまっていることがもうひとつの原因です。
伝えることは大切なのですが、伝わっているかどうかを確認することはそれ以上に重要です。
参加者全員を見てしまうと緊張してしまうので、自分と目が合う人や頷きながら聞いてくれる人を探して、その人に向かって話しかけるつもりで話しましょう。
もしもそういう人がいないかもしれないと不安になるのであれば、事前に誰かにそういうサポートをお願いしておくのも手です。
参加者やその場の力を借りるつもりで話せると自分にとっても参加者にとってもよい雰囲気が作られます。

事前準備をしすぎる

最後のワナは事前準備を入念にしすぎることです。例えば入念に準備をして台本作りをして臨むと読み飛ばさないか、うっかり伝え漏れないか不安になり、下を向きがちになります。そしてそういう時間が長ければ長いほど顔を上げるのが怖くなります。
準備は要点を箇条書きにする程度にしておく方が自分の言葉で伝えることができ、それが参加者にとっては聞きやすく感じるものなのです。

まとめ

人前で緊張するのは自分で自分に緊張するように仕向けているから。
参加者と一緒に場を作り上げる意識で、要点だけ外さないことを注意して行うことで、緊張が和らぎ、伝えたいことが伝わるようになります。
体験講座申込はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。