「継続できない」という人の9割が見落としていること

継続力がない!継続力をつけたい!

そんなことを思っていませんか。実は私もずっと自分には継続力がないな、継続力ほしいなと思っていました。でもダイエットもストレッチも継続できずに途中でフェードアウトすることばかり。継続できる人と何が違うんだろう?私に継続できていることってあるんだろうか?と悩んでいました。
今日はそんな私が見つけた継続するために欠かせないたった一つのことをお伝えします。

継続することは難しい?

継続力とかGRITときくと、すごく意志の強い人だったり、どんな苦難にも耐えられる人だったりのイメージを持っていませんか。(私は持っていました)
でもその人たちに継続のコツを尋ねても、頑張っているつもりはないとか、気が付いたら続いていた、といった回答がかえってきます。
確かに私もバレエは途切れながらもトータル15年続いていたり、コーチングも6~7年続いたり、続いているものもあります。でもそれは結果であって、絶対に続けるんだ!といった明確な意思はありませんでした。気が付いたら継続していたのです。
皆さんも、気づいたら何年も続いているというような趣味や習慣はありませんか。
それは継続したいと思って継続したものよりも、気が付けば継続していたというものの方が多いのではないでしょうか。

本当に手に入れたいものは継続力ではない

私たちが継続したいと思う時というのは、何かやろうと思っていることがあって、それを続けていれば何か本当に欲しいものが手に入ると思っているからこそ、継続したいと思うのではないでしょうか。
逆に言えば、欲しいものが得られるのであれば、継続力がなくても問題ないわけです。
ところが、欲しいものは何かを継続的にやっていった先にしか手に入らないということが分かっているからこそ、継続力が欲しいと思うわけです。

継続することよりも大切なこと

つまり、継続よりも大切なことは何を手に入れたいのか、どうして手に入れたいのか、手に入れることで何を期待しているのかといったことを忘れないことの方が大切です。
私たちは本当に欲しいものを得るための継続力なのに、いつしか継続力を得ることの方に目を向けてしまっているのです。
本当は何を得たいのか、どうなりたいのか、それを実現しようとしていくことが継続力につながっていくのです。

まとめ

継続力をつけようとするよりも、本当はどうなりたいのか、何を手に入れたいのかをしっかりと思い描き、忘れないことで、おのずと継続力はついていきます。

個人セッション申込はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。